HSPは治療できる? できない? HSPの張本人だからこそ伝えたいこと

悩む人

HSPのせいで生きづらいことばっかり…どうにかしたい!

HSPに対してネガティブになる気持ち…わかりますよ。

この記事では、そんないや〜な気持ちを2分で解消します。

本記事で分かること

・HSPを治療できるのか
・HSPをどうにかするためには何をすべきか

本記事の信頼性

☑HSS型HSP(105)

☑ 25歳にして異業種への転職経験3回

☑ 現職は在宅社員ライター・フリーライター(作詞など)

また今回、”治療” の定義を下記のようにお話しますね。

治療とは:

手当てなどをして病気・怪我(けが)を直すこと。 (Oxford Languagesより引用)

まず単刀直入に、HSPを治療することはできません。

ただし、HSPをあえて強みにすることができるんです。

今回は、HSP張本人だからこそ言える、HSPを強みに変える方法をお伝えしていきます!

shion

この記事を通して「HSPって案外、悪くないんじゃない?」って皆さんに思ってもらいます!

目次

HSPに悩む人は多数います

>>>あんまりHSP自体がよく分からない…そんなあなたは『そもそもHSPとは何なのか?はっきり診断できるものが存在する!?』の記事へ

日常生活を送る中で、敏感すぎて困らせられる場面が多いですよね。

面と向かって言わないだけで、悩めるHSPさんは多くいるんですよ。

実際にはデータとして、全人口の5人に1人はHSP

今でこそ、私はこうやって皆さんに情報発信する側ですが、過去にはものすごく生きづらいと感じた経験ばかりでした。

shion

たとえば、私は聴覚がかなり敏感です。

そのせいで常日頃から、周囲のちょっとした物音で相手の感情を勘付いてしまい、ものすごく疲れやすかったんです。

HSPを治療することはできません

まず、HSPを治療して完治することはできません。

そこには、大きく2つの理由があります。

HSPを治療できないわけ

・HSPは気質であり、そもそも病気としては認定されていないから。
・HSPは生まれつきの気質だから。

shion

上記の理由から、HSPを治すということはできないんです…

治療できないHSP…一体どうすればいいのよ?

悩む人

じゃあ、ずっとHSPのせいで生きづらいまんまってこと…?

いえ、そんなことはありません!!!

HSP (敏感さ) の強さは人によって異なります。

shion

HSPの強さの度合いは日に日に変わっていきますよ。

以前、HSPの強さの度合いを自分で調整する方法については、過去の記事で紹介しました。

>>>詳しくは『敏感な私はHSP?自分のせい?あなたのHSP度を診断で徹底チェック!』の記事で説明しています!

だから、今と全く同じ生きづらさが続くわけではありません。

shion

実際に学生時代と比べて、私はかなり生きやすくなったように感じていますし!

ではここから、あなたがどのようにHSPを強みにできるかをお話していきます。

せっかくのHSPなんだもの、生かしましょう

突然ですが…

HSPと聞いた瞬間に、速攻でネガティブな印象だけ思い浮かんでいませんか?

私も以前はそうでした。

もちろん、HSPのせいで苦しめられることが多いのは痛いほど分かりますし、どうにか治したいと思ったこともあるから。

shion

でも、それではもったいないですよ!!!

HSPのポジティブな面を探してみましょう

HSPに関わらず何事に対しても、ポジティブな面・ネガティブな面がありますよね。

たとえば、「積極的である人」とも言えるけど、えげつない言い方をすると「自己中心的な人」とも言えますよね。

もちろんHSPにだって、ポジティブな面があります。

捉え方次第です。

実際にわたしがHSPを生かした方法に迫ります

shion

それでは具体的に、私の過去の経験をお話をしてみますね!

HSPさんが得意とすることなんてあるんだろうか…そう思っていた矢先に、HSPの特徴として「他の人よりも感受性が強い」というのが目に入りました。

その時とっさに私は、「だから、それに困らされているんだよ…」と思いました (笑)

shion

でも、その後よくよく考え、「感受性が高いことをどうせならいかせないか?」と思うようになりました。

それをきっかけに、私は今までやったことのない一層クリエイティブなお仕事にあえて貪欲に取り組むようにしました。

もちろん、そんな一朝一夕にできるものではなかったですが、「私は感受性が高いんだから!!」という自信がむしろ私を支えてくれました。

shion

おかげで今は、過去で1番お仕事にワクワクできています!

きっとここで大切だったのは、「物事の捉え方」だったんだと思います。

ただ単に「感受性が強いの、困るんだよなあ」ではなくて、

ひっくり返して物事の見方を変えられないか考えた、そこが大きな分岐点だったんではないかと、今は思っています。

ただ単に字面に引っ張られるのではなくて、自分なりに解釈してみると、何か心に変化があるはずです!

shion

私ですら出来たことなんだから、皆さんなんてかるがる出来ますよ!大丈夫!

まとめ:病気ではないHSPを治療することはできません

HSPをどうにかしたいなら
HSPのポジティブな面を見ようと、様々な視点で1つの情報を捉えるべし

HSPのせいで…とばかりふさぎ込むのではなく、ほんの少しでも捉え方を変えれば、見える世界が大きく変わってきます!

そして、あなたがこんな風に思ってくれるのが、私は1番嬉しいです。

悩む人

HSPってなんか悪いものじゃないかも!

「HSPじゃなきゃこんなに楽しくなかった!」とまで思ってもらえるように、私はこれからも記事を発信してまいります!

>>>特に仕事について辛さを感じているHSPさんは『【転職3度のHSPが実践】後悔しない職業の探し方ロードマップ』を読んで、転職すべきか改めて考えることをオススメします

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please SHARE!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる